ウーマン

いぼは切除できる|悩みの無い肌になるための4箇条

レーザーや電気メスを使用

カウンセリング

出血や痛みが少ないです

30代後半から40代ぐらいの年齢になると皮膚の新陳代謝が遅れがちになりますし、強い紫外線の影響などで顔や首、胸などにいぼが出来てしまい悩んでいる人が増えています。特に痛みや痒みなどがないのが特徴ですが、見た目の印象が良くないので除去したい人がほとんどでしょう。ウイルス性のいぼの場合は、自分でやすりをかけるのは絶対に避けて下さい。いぼが潰れてしまうと他の部位に出来てしまう可能性があるからです。また信頼できる美容皮膚科のクリニックを受診することが大事です。比較的小さい場合は、液体窒素を使用して冷却をすることで取り除くことができます。現代はこの方法が一般的になっています。さらに直径が3ミリから5ミリ以上ありサイズが大きい場合には、液体窒素の治療では効果が出にくい場合があります。最新の医療機器を使って、炭酸ガスレーザーを照射することで、いぼを切除する効果があります。痛みや出血などがほとんどなく、安全性の高い治療になっています。首や胸に目立ついぼがあり、数が多いので悩んでいる人は電気メスを使用して切除する方法がおすすめです。気になる部分に電気メスを使用して切除をしますが、出血も少なく痛みを最小限に抑えることができます。また40代以降の年齢になるとほとんどの人に見られますが、皮膚の状態や数、大きさには個人差があります。さらに自己流のお手入れでは、皮膚の状態が悪化する可能性があるので、信頼できる美容皮膚科の医師に相談することが大事です。丁寧な診察を行っており、皮膚の形状に応じた治療を提案してくれます。遺伝的な要因がある場合やスポーツなどで紫外線を浴びる機会の多い人は、比較的若い20代の人にも見られる場合があります。いぼは古い角質粒が原因ですが、年齢よりも老けた印象を与えてしまいますし、首や胸などの目立つ部分にあると露出の多いファッションを着こなせないので、悩んでいる人が多いです。美容皮膚科のクリニックでは炭酸ガスレーザーや電気メスによる切除を行っているので、最適な方法を選ぶ必要があります。炭酸ガスレーザーを照射すると、施術を受けた直後は皮膚の赤みなどが目立つ場合もありますが、数日を経過すると赤みも収まってきます。数週間を経過すると、きれいな皮膚になれるので多くの人が治療を受けています。